webmastertool

サイトのインデックス登録は自動的におこなわれるけど、自分から登録しておこう。

新しいサイトを公開したらインデックス登録をしておく

新しいサイトを公開したら、
さっそくグーグルGoogleやヤフーYahooの
検索の結果として表示されるようにしなくてはなりません。

しかも、できる限り上位で、、、。

キーワードによって変わってきますが、
公開直後の上位表示は困難です。
ビッグキーワードの1語だけでは、ありえません。

とにかく、まずは「インデックス登録」しなくてはなりません。

実は、インデックス登録は
検索エンジンロボットがクロールして自動で登録されます。
自動でおこなわれるので、登録とか送信といった作業は不要で、
サイトを公開しておけば、勝手に登録されるということです。

でも、
待っているより、
自分から登録をすることもできるので、
ほとんどのサイト運営者(ウェブマスター)は、
自ら更新情報を通知しています。

サイトのインデックス登録は自動的におこなわれるけど、自分から登録しておこう。

グーグルの「Googleウェブマスターツール」では、
サイトマップの送信を推奨しています。

サイトマップについて

サイトマップは、検出が難しいサイトのページの情報を Google に提供する手段です。XML サイトマップ(通常は「サイトマップ」と呼ばれます)は、簡単に言うと、ウェブサイト上にあるページのリストのことです。サイトマップを作成して送信すると、Google の通常のクロール処理では検出できない可能性のある URL を含むサイト上のすべてのページを Google に知らせることができます。
(「Googleウェブマスターツール
『サイトマップを送信する理由』」から引用)

私の場合、ワードプレスのプラグイン
[Google XML Sitemaps]を利用して
グーグルの推奨する環境に合わせています。

さらに、
ping送信*というものがあります。

ブログなどの「RSSを発信できるサイト」の場合、
YahooおよびGoogleのブログ検索機能に
「更新Ping(更新したことを知らせる通知)」を送ることで、
インデックスの早期化が期待できるというものです。

インデックス登録は何を登録するのか

インデックス登録では、
ウェブサイトのサイトマップやソースコードが登録されます。
具体的には、
そのサイトが何のサイトなのかを判断するため、
タイトルや説明はもちろん、
HTMLタグやサイト構造からも判断をするようです。

ワードプレスがSEOに強いと言われているのは、
前項の「サイトマップとPing送信でインデックスが早い」
「決められたフォーマットで入力をしておけば、
SEOに最適化された状態でサイト構築がおこなわれる」
ということにあります。

*実は、最近では
「ping送信」は、SEOにあまり効果がないという意見もあるようです。
さらに「キーワード(metaname=keywordsで10個程カンマ区切で設定)」も同様に、
あまり効果がないという意見があります。

ワードプレスの入力フォーマットの一部を空欄にしておいても
サイトは更新されますが、
せっかく用意されているのですから、
すべて埋めておいたほうがいいだろう、
という意見です。

google-fuji