mailmag

メルマガの書き方 テキストと構成

長文、大作、と自己満足するメルマガを書いていても、
読者の評価はどうなんだろうか、読んでもらえたのだろうか、評価は気になります。

わかりやすく、簡潔に書けばいいかというと、伝わっていないことが多いですし、
手抜きのようで、いい評価はされないようです。
もちろん、だらだらと長過ぎるのも良くないです。

つくづく文章を書くのは、難しいと思います。
数をこなせばうまくなるのかどうか。
何度も読み返して、その度に書き換えてるようでは、まだまだということでしょう。

メルマガは、テキストメールが主流です。
HTMLメールは使いません。
HTMLメールは、画像も入るということでで、
物販セールスでよく見かけますけど、
やはりメルマガは文章だけで勝負です。

いい書き方というものがあるとすれば、
キーワードとしては、
「読みやすい」
「面白い」
「ストーリーがある」
「イメージできる」
こんなところでしょうか。

でも、なかなか、
納得できる文章にならないのがもどかしいです。
まあ、ここの文章を読んで、
自信をもってもらえたら、
役に立っているわけなので、良しとします。

文章は、文字だけですから、
小細工は使えませんし、
「文章『力』」によって、
評価が大きく分かれるわけで、

読者が、メルマガを読んで、
覚えていることは何かということを頭に入れて書かないとだめですね。
読んでも何も覚えてないなんていうメルマガでは
価値がないです。
そうなると、

1、初めのインパクト、
2、おもしろエピソードや具体例、
3、最後のまとめ。

こういった構成ですね。

これを押さえて、うまくはまると、
いい文章だと言われるようです。

ということで、
もっとたくさん書いて、
文章力をつけようと思います。